北岡神社にある神輿の復興基金にご協賛お願いいたします。


個人情報保護方針
ホーム > 「神輿復興基金」について
個人情報保護方針
 当神社の御本社神輿は、明治十六年に新調されたもので、祭神輿としては熊本でも随一と言われ、昭和二十九年まで祇園祭の神幸行列神輿で担がれていた神輿であります。しかし、既に百二十余年を経過し老朽化が激しく、担ぎ出すこともままならず、残念ながら現在は大祭の折に拝殿内に展示するだけに留まっています。
 そこで、神幸行列の復興を目的に活動を行っている当神社の青年会『祇園會』において神輿復興委員会を設立し、復興計画を本格的に実施することになりました。しかしながら、それを実現するには多額の経費を必要とするため、氏子崇敬者の皆様方と共に一丸となって、この費用をご援助していただかなければ目的達成が困難な状況でございます。
 どうか意のあるところをご理解頂き、神輿復興基金について格別のご援助と、ご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

神輿

趣意書
 北岡神社青年有志の会である私たち祇園會は、町興しの一環として、戦後の混乱期で姿を消してしまった夏祭りで行われていた神幸行列の復興を目指しております。熊本の夏の風物詩として大きな賑わいをみせていた神幸行列を何とか復興し、神輿を担ぎ街中を練り歩いていた活気旺盛な「祇園祭」の実現のため、会員一丸となって取り組んでいるところであります。
 現在、神社の周辺では九州新幹線全線開通に向けて都市計画道路の整備や区画整理事業が急速に進められており、氏子地域の過疎化も進み町並みも大きく変わり、神社境内を取り巻く環境も著しく変貌を遂げようとしています。
 そのような中、平成二十三年春に九州新幹線が全線開通する折に、新たに修復された神輿を担ぎ出し、地域の皆様方と共に熊本駅周辺の活性化に寄与したいと計画しております。
 このような当会の趣旨をご理解頂き、御本社神輿の復興に向け、何卒ご協賛を賜りますようお願い申し上げます。
 
北岡神社 祇園會 会長 寅田成昭
神輿復興委員会 委員長 守谷光弘
一、目的:御本社神輿ニ基の修理と修復
一、復興基金:一口 5,000円
一、目標金額:400万円(神輿二基の復興費用)
一、募集期間:平成22年1月1日より修復完了まで
一、申込方法:申込用紙にご記入の上、神社社務所に金額を添えてお申込み下さい。
 協賛者のご芳名は、御神前に御奉告申し上げ、木札に記し拝殿内に掲示致しております。(御芳名一覧は下記バナーよりご覧下さい。) ※掲示・掲載の可否は、申込用紙にご記入下さい。
協賛者 御芳名 一覧
木札
ページの先頭へ戻る
神社
北岡神社の由緒や歴史、御祭神についてのご紹介。
祭祀
神社や家庭で行われる祭儀全般についてのご紹介。
祇園
「祇園祭」についてのご紹介と復興に向けての取組み。
案内
北岡神社に関するご案内とご紹介。