成人式

成人式

  1. 安産祈願
  2. 初宮詣り
  3. 七五三詣り
  4. 成人式
  5. 結婚式
  6. 厄年・厄祓い
  7. 年祝い
  8. 神葬式

男女ともに二十歳になると成人したとみなし、それを社会から公認してもらいお祝いを受ける儀式です。現在は国民の祝日として1月の第二月曜日が「成人の日」と定められており、この日は各地で新成人をお祝いする式典や催しが行われ、この日に神社に詣でて自分の成長を感謝し無事に大人の仲間入りができたことを奉告します。

また、これまで育てて頂いた両親や地域社会に感謝するのと共に、自分の行動全てに責任を持たなくてはならない立場になったことを自覚する節目の時でもありますので、神前に社会の一員として立派に生きぬくことを誓うことも大切なことです。

これをかつては「元服式」といい、11歳から16歳頃の男子が成人になった証として髪を結い、成人の装束を着て冠をかぶる儀式を行っていたことに由来します。
参拝者には、御神札とお守を授与致しております。