祇園會

祇園會

  1. 祭の歴史
  2. 神幸行列
  3. 祇園會
  4. 祇園祭復興基金
当神社の青年有志の会である『祇園會』は、神社の発展及び地域社会に寄与し、ひいては神社神道の宣布普及と興隆を図り、伝統文化の継承を行うことを目的とした会であります。

次第に忘れられつつある神様を敬う心と伝統文化を継承し、地域興しに向けて熱い思いを抱く青年有志たちにより、平成十四年四月に『祇園會』は結成されました。

北岡神社は創建一千有余年の歴史を有する神社で、現在でも「祇園宮」または「祇園社」と呼ばれ広く親しまれ崇敬されており、それに因んでこの会の名称が付けられました。

当会は町興しの一環として、戦後の混乱期で姿を消してしまった夏祭りで行われていた神幸行列の復興を目指し、熊本の夏の風物詩として大きな賑わいをみせていた祭りの再構に向け、活気旺盛な「祇園祭」の実現のため、会員一丸となって取り組んでいるところです。
その取り組みの一つとして、夏祭りに夜市ブースを出店しその収益の一部を神輿修復の為の基金とするべく、会をあげて夏祭りの活性化を目指してきております。

平成十九年には、当会創立五周年記念事業として、神幸行列復興の周知と地域住民の親睦を兼ねた、花見とジャズ演奏によるライブコンサート「夜桜とジャズのしらべ」を夜間開放された神社境内において催し、地域住民や企業団体など多数の方々にご鑑賞いただきました。
そして、同年八月の大祭最終日には、神幸行列の足掛かりとするべく十五年ぶりに子供神輿行列の復活し、「祇園祭神幸行列」の実現に向けて着実に一歩ずつ進めてまいりました。

平成二十三年には、念願でありました御本社「壱之神輿」の修理復元が完了し、その年の祇園祭では実に五十七年ぶりに神幸行列の復興を成し遂げることができました。これもひとえに皆様方の温かいご支援とご協賛の賜であり心より感謝申し上げます。

神社の周辺では九州新幹線が全線開業し都市計画道路の整備や熊本駅前再開発事業が完了し、氏子地域の町並みも大きく変わり、神社境内を取り巻く環境も著しく変貌を遂げています。

その様な中、時代とともに変化しながら伝統を受け継ぎ、かつての賑わいを取り戻そうとしている祇園會を中心としたこれまでの取り組みが認められ、祇園祭が令和五年十一月に熊本市郷土文化財として認定されました。今後も郷土の文化資源として、地域と共に顕彰し次世代を担う子どもたちと共に、後世へ継承をして、街づくりへと活かしてまいります。

このような本会の趣旨を御理解頂き、祇園會神幸行列の完全復興に向け、皆様方のご支援とご協力を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。